排卵誘発剤を通販で!妊娠希望する女性のサイト   >   妊娠しやすい体作りを始めよう

妊娠しやすい体作りを始めよう

白いワンピースを着た妊婦

妊娠を望むのであれば、妊娠しやすい体作りは必要不可欠ですね。妊娠しやすい身体づくりのポイントを挙げていきましょう。

ストレスを溜めこまない

ストレスは女性ホルモンにとって天敵と言われていて、女性ホルモンを分泌する脳下垂体や視床下部はストレスにとても弱いのです。ストレスによってホルモンバランスが崩れ、生理不順や排卵機能の低下がおこり、不妊に繋がります。なるべくストレスを溜めない生活を送る事が大切です。

適度な運動を心がける

適度な運動はストレス発散に効果があるとされています。適度な運動により血液循環が良くなる事で骨盤内の血流が良くなり生殖器官の働きが改善されます。散歩やヨガ、軽い筋トレやストレッチも良いですね。自分にあった続けやすい運動を選びましょう。

質の良い睡眠

自律神経をコントロールしている視床下部は睡眠不足によってダメージを受けやすくなっています、自律神経の乱れはホルモンバランスを崩しこちらも生理不順や排卵機能が低下してしまう原因を作ってしまいますので、睡眠不足にならないようしっかりと休む事が大切です。夜型の生活を送っている人は改善する必要があります。

禁煙

禁煙は妊娠を希望する女性にとって利点が全くありません。タバコを吸う事で身体に活性酸素が大量に分泌されます。活性酸素が身体にたまると卵子の質が低下するので妊娠しづらい身体を作ってしまいます。妊活中、妊娠中の喫煙は絶対NGです。

冷え性改善

冷えは血流を悪くし、その結果卵巣に充分な栄養や酸素が行き渡らず、卵巣の機能を低下させてしまいます。「お風呂にゆっくりつかる」「身体を温める食べ物を食べる」「冷たい飲み物を控える」などを心がけ冷え体質を解消しましょう。

栄養バランスのとれた食事をする

痩せすぎも太りすぎも妊娠率の低下を招きます。最近は痩せすぎの女性も増えてきましたね。過度なダイエットは禁物ですし、BMI値が肥満な方も注意が必要です。適度な所記事量、栄養バランスを考えた食事をとるようにしましょう。