排卵誘発剤を通販で!妊娠希望する女性のサイト   >   不妊症の原因

不妊症の原因

壁にもたれ思い悩む女性

不妊症とは、夫婦ともに妊娠を望み、避妊せずにセックスを行っていても、1年以上妊娠をしない事を指します。

多くの人は避妊せずにセックスをすると、半年内に70%、1年以内には90%、2年では100%の方が妊娠すると言われています。

不妊の原因を見ていきましょう。

不妊の原因

排卵障害

卵子はホルモンの作用によって成熟します。ホルモンの分泌量が少なかったり卵巣がホルモンの指令を受けると事ができないと卵子が充分に成長せず排卵が起こりにくくなるのです。このように、排卵を起こすのが難しい状態のことを排卵障害と言います。

排卵障害が起こる原因は

  • ストレス
  • 喫煙
  • 身体の冷え
  • 過度なダイエット
  • 卵子の老化
  • 卵巣表皮が硬く卵子が外へ出にくい
  • などが挙げられます。

    卵管障害

    卵管は受精した精子を子宮へ運ぶ役割を持っています。直径は細いところで1mm程しかなく、卵管が「癒着」「閉鎖」「炎症」などが起こっていると受精卵を子宮まで運ぶ事が出来ません。卵管障害は

  • クラミジア
  • 子宮内膜症
  • が原因で引き起こされると言われています。

    子宮着床障害

    着床のメカニズムは実はまだはっきりと解明されていませんが、子宮に何らかの原因があり着床しにくい事を子宮着床障害と言います。子宮内膜症やポリープがあったり、黄体ホルモンの分泌不足が原因で起こる可能性があります。

  • 運動不足
  • 自律神経の乱れ
  • などが起こると黄体ホルモンの分泌不足を引き起こしてしまうとされています。

    不妊の原因は男女ともに

    不妊症の原因は男女ともに半々と言われています。「精子がうまく作られない」「精管がつまって通りにくい」という事が原因です。結婚して夫婦生活はあるのに1年以上妊娠しないカップルは夫婦そろって医師に相談に行く事が最も望ましいです。